スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体験談です!

脳幹活性の本質、とても詳細に、よく分かる感想文だと思います。


3か月で高木先生の施術を7回受けて、自分ではほぼ毎日20~30分あくび体操をした。
(3か月のうちに5~6回ぐらいできなかった日があったが2日連続でできなかったことはなかった)


自分で体操をするのは最初の2週間ぐらいはしんどく感じたが、次第に楽に口をあけられるようになってきて、
終わった後はよく寝た後のような気持ちよさを感じるようになってきた。


「施術中にエネルギーの流れがわかった」、「自分で体操をしていたら何かが見えた」などの神秘体験的な
ものは残念なほど起こっていないが、この3か月で確実に身体も 心もいい状態になっている。


小さい頃から、いつも何か重たくて不自由な感覚を持っていて、それから逃げたくて色々なものに依存する傾向にあったため、
カウンセリングやセラピーは色々と受けてきた。
(問題行動を起こしてしまう原因はおもに母親との間のわだかまりが原因だと思っていて、
それを取り除きたくて)


BSセラピーを受けるまでは、言葉でのセラピーがとてもいいと思っていて、
エネルギーワーク的なものは自分には合っていないと感じていた。


しかし、3か月前からBSセラピーを受け始めて、気づけば、ずっと抱えていた「重さ」「不自由さ」の感覚がすごく薄れている。
しかもとても自 然に。


(言葉でのセラピーを否定するわけではないけれど)カウンセリングなどで言葉を交わすと、
私の辛さをわかってもらえた!という一時的な高揚感が あるので、またそれが欲しい、という状態になっていたと思う。
結局、癒されたという感覚を感じたいがために悩みを持ち続けていたいというループに陥っていたのかもしれない。

でも、言葉ではないBSセラピーの癒しは、中毒性がないというか、本当にとても自然な感じ。
母親へのわだかまりの感情は、確か10月に遭遇したある小さな出来事がきっかけで、ふいに解放された感覚を覚えて、それ以来湧き起ってこない。


今まで、「私の辛さをわかってほしい」という気持ちがとても強かったが、辛かった過去の記憶や、トラウマがあったという記憶が無くなったわけではないのに、
「わかってほしい」という苦しい気持ちが、本当に薄れてきている。
もし今、「恵まれてるし何の苦労もしていないんだね」と言われたら、特に抵抗なく、「そうですね」と答えることができると思う。


私のトラウマから来る問題行動は色々とあり、その中でも過食が最後まで残っていたけど、
BSセラピー2回目ぐらいのときに高木先生が
「脳幹は必要以上に食べようとしないから、自分に合った量を食べられるようになりますよ」
と仰られて、「本当にそうなれるのかな」とそのときはとても不安だったが、
本当にいつの間にか、自分に合った量を食べられるようになってきた。


しかも、頑張ってそうなった!のではなく、とても自然に無理なくいい変化をしていると感じる。
食事だけでなく、生活全 般において、「必要か必要でないか」と軽やかに判断できるようになってきて
バランスをとりやすくなった。

そして、感情全体についても、重さが減ってきている。
今も、これからも、生きていたらどんな出来事も、どんな感情も起こり得るけど、それに対しての恐怖感が薄れてきた。


何か特別なことが起きれば(いい仕事、いい生活、いい恋愛、いい結婚生活など・・・(それに加え、私にとっては、「食べ過ぎないようになること、
身体が痩せること」がとても重要で特別なことだった))、いつもいい気分で、解放感があって、幸せで、自由で、
愛を感じるんだろうなと思っていたので、悪いこと・嫌なことを避けよう、いいことを求めよう、 としていたけど、
今は、どんな出来事でも起こり得て、どんな感情でも起こり得るということを受け入れられるようになっている。


今、基本的に平和な毎日を過ごしているけど、「こんな生活つまらなさすぎてもう嫌だ」と思うこともあれば、
「すごく恵まれていて幸せだ」と感じる時もある。
どんな感情も出てくる。


感情(自分)を固定することは絶対にできない。
(自分がわざわざ「停滞」させることはできるかもしれないけど。それでも、完全な固定や停止はない。)

感情=自分というのはとても断続的で、偶然の連続でできていて、いつも幸せ!とかいつも辛い!とか
固定されたものではない。いつも動いて いる。
感情を含むすべての物が、固定(停止)されていることが、あり得ないんだろうと思う。


どんな感情も、気候や自然現象と同じで、起きては消えていく、とてもスムーズでいつも動いているものだけど、
もちろん、出来事に対して、瞬間的に深読みしたり苦悩したりすることは起こる。でもそれを長々と引きずったりさらに色々と解釈を乗せたりして苦悩を深めてしまうことは格段に減っている。


そして、何かに対して、
「私が何とかしようとする」ことをちょっとやめてみたら((例えば、夫が「風邪をひいた」と言えば、「私が」何とかしなければ、と、
今までは夫にああしたら ?こうしたら?と言わずにはいられなかったのを言わないようにしてみたり)
どうなるかな?という実験をしてみたいという気持ちがふと起こったのでやってみていると、
あまりにも多くのエネルギーを「私が何とかしなければ!」ということに使っていたことに気づいた。


今は、「私が○○している、しなくては(それによって私の存在価値を確立しなければ)」ということに使っていたエネルギーが以前よりずいぶん余っている分
、前よりとても元気になった(重さがとれた)と感じる。


かと言って、いつもキラキラいきいきしているわけでもなく、逆にこのエネルギーの行き場がない!と嫌な気分になることもある。

< div>重さがなくなった分、以前よりもどんな感情でも起こり得る感じ。
そして、それに対しての恐怖感があまりない。
その感情を解決しようと必死にならなくても、そのうち消えていくから。



自由・幸せとは、お金があって、時間があって、楽しいことができて・・・・という状態だと思っていたし、そうなるために「私が何とかしなきゃ」
「私の存在価値を確立しなきゃ」
という思いにとらわれていたのが、そもそも「私には何もできない(いい意味で)し、存在価値があるとかないとかにかかわらず、
今生きているし、どんなことでも起こり得て、どんな感情でも起こり得る」という、この今自体が、自由や愛ということなのかな・・・・ という気持ち。

とても自然にたくさんの気づきを得ることができているBSセラピーは本当にすごいと思います。

言葉ではないBSセラピーの癒しに興味のある方は、是非体験してみていただきたいです。


-----------------------------------------------------------------------



これは特殊体験ではなく、脳幹を活性していけばほぼ誰にでも起こる現象です。
特別な体感(エネルギー視野や、特殊体験的なもの)が無いだけに、より本質が綴られていると思います。

これが前回の体験談でもあった、BS+ヴィパッサナーで目指す「脳幹レベルの変容」であり、
この本質的な変化がその人に訪れてくるかどうかは、「やるかやらないか」 だけなのです。

最低でも10回、日常のあくび健康法と合わせて、ある程度の周期で連続して受ける事をお勧めしています。

それでは、また!
スポンサーサイト

体験談です☆


身体をつねっても、痛いと感じなかったS様。 ほとんど1~2回の施術で感覚を取り戻しました(^^)

【「失体感症(失感情症)」に効いた!】

失体感症(失感情症)を何とかしようと、
BSセラピーを受けました。

初回の施術の後、20分程の休憩時間中に、
我が身に起こったことは、こんな現象でした。

まず、両耳の孔から頭の中心(松果体?)に向かって、
エネルギーが、すごい勢いで流れていくのが感じられました。

しばらくそれが続いた後、中心部分あたりで、
流れていったエネルギーが、不規則に対流している感じがありました。

その翌日の朝に、椅子に座った状態で、左右2回ずつ、
自分で実践してみました。

そして、同じ日の晩に、左右4回ずつ、計20分間ほど、
横たわった状態で、実践してみました。

すると、今度は、両耳ではなく、両手から腕を伝って、
脳の中心部へと、エネルギーが、緩やかに流れていくのが感じられました。

その翌日に、2度目のBSセラピーを受けました。
施術後の休憩の後、試しに、自分の腕をつねってみると、

「痛っ!」

何と、体感が戻ってきていました(施術前は、
腕のどこをつねっても、まったく痛みを感じませんでした)。

まさかのスピードです。
正直、たった1度ずつの施術とセルフ施術で、
体感が戻ってくるとは思ってもいなかったので、
その効果の出方の速さに、驚きました。

BSセラピー、本物だ、と思いました。

私のように、「失体感症(失感情症)」の方は、
一度施術を受けてみられることをお薦めします
(セルフよりも、施術を受ける方が、効果が高いです)。

ヴィパッサナー瞑想も教えて頂いたので(施術1回分として)、
セルフBSセラピーに加えて、今後は、
そちらの実践も積んでいこうと思います。

ありがとうございました。


後日、セットで受けられたヴィパッサナー瞑想の感想も送っていただけました!

もともと、マハーシ式のヴィパッサナー瞑想をしていたので、
それと比較しながらの感想になります。

最初は、呼吸瞑想から、
次に、指先の感覚に集中し感じる瞑想にシフトしていきましたが、
まず、マハーシ式と違って、瞑想中に、知覚対象に対して、
言葉確認(サティ)を入れないため、左脳を使わず、その分、
頭が緩む感じがしました。

そして、ひたすら、身体に生じる感覚を感じていくうちに、
はた、と、

自分が意識を向けた場所以外の場所に知覚が生じておらず、
その存在すらも不明な位、”ぼやけた背景”と化している、

ことに、気づきました。

自分が意識を向けない限り、知覚は生じないのだ、ということが、
体感覚レベルで腑に落ちた瞬間でした。

また、集中が高まるにつれて、体内の中心から、
頭頂部に、エネルギーが抜けていくのが感じられました。
浄化は、確かに起こるようです。(後半はずっと下から上にエネルギーがザーッと波のように抜けていた)

頭で分かるのと、心底腑に落ちる((体感覚レベルで分かる)のとには、
常に、落差がありますが、その落差を、ゴエンカ式ヴィパッサナー瞑想は、
埋めてくれるような気がしました。

ここ数年、思考パターンの置き換えは、他の方法で散々やってきたので、
腑に落ちる、このゴエンカ式ヴィパッサナー瞑想が、今、自分に最も必要なもの、
と分かりました。

なお、後で教えて頂いたところ、

・思考パターンの置き換え等は、大脳皮質レベルの変容
・感情の癒しは、大脳辺縁系レベルの変容 
・ゴエンカ式ヴィパッサナー瞑想による解放は、脳幹レベルの変容

ということで、納得です。

丁寧にご指導頂き、ありがとうございました。

セルフ・BSセラピーの成果が、体感覚、嗅覚から、
さらに、感情レベルに及んだら、次は、
ゴエンカ式ヴィパッサナー瞑想に取り組みたいと思います。

また、瞑想会でお世話になるかと思いますが、
よろしくお願い致します。


↓また別の方のご感想です

【脳幹を活性化するとどうなる?!】

体が軽くなります〜😊

3回目のセッションを受けてきました。

本当にシンプルな体操ですが、やはり最初何回かはプロの方に教えてもらい、ちゃんと活性できているか見てもらうのがベストということで、ご縁で知り合った高木亮さんのセッションを受けました。

整骨院に通っても治らなかった肩こりが1回目のセッションで取れてすっきりしました!
3回目の今日はさらに体が軽い〜♬
自分でもできるというのがポイントです。簡単でしかも効果が体感できちゃうから続けられる。
人間がもともと持っている自然治癒力を取り戻すことができるBSセラピー(らいおんあくび体操健康法ともいうそうです)はすでに私の日課となっています。



ありがとうございます(^-^)/

三種の神器の考察  ~その4~

お祈りとは何か?それは、本心(本当の自分)の響き(バイブレーション)そのものです。

人は誰しも、心の奥底に「本心」と呼ばれる部分があって、そこは常にあるのですが、今は「自我」と言うフタで一時的に覆い尽くされているわけです。

しかし、自我で強く抑え込んでいても、それは井戸から湧き上がる水のように、常に内側からあふれ出そうとしているものです。

意識は、言葉に大きく左右されますから、意識的にも、その本心と同じ響き・向き(ベクトル)の言葉を心に唱え続けることによって、その一時的なフタ(エゴ)が「ポンッ!」と外れて、中から本心が湧いてくるわけです。 一時的に土砂で詰まってしまった泉から水をくみ出すようなイメージですね。

それらをよく体現する言葉(マントラ)が、「世界人類が平和でありますように」(よく田舎とかで見ますよね・・)であったり、「ありがとうございます」だったりするわけです。
世界人類が平和


ここで一つ注意点としては、祈り=願い では無いという事です。個人レベルでのあれが欲しいとか、これがこうなって欲しい、という執着的な「願い」は、ベクトルとしては逆になる(土砂を積もらせる)事も多いです。

だからここで言うお祈りとは、個人的な願い事というよりは、全体の幸せを願う心や、感謝の心として捉えておいて下さい。

ここで恐らく浮かぶ疑問として、「それでは、感謝や世界の幸せを願う心があれば、それでいいのではないか?」と思うかもしれません。確かにそれは一理あるのですが、「気持ちだけ」が重視されるのは比較的この世に近い次元の話であって、より高い次元から光を降ろそうとする場合は「祈り言葉(マントラ)の選択」が重要になってきます。

これはちょっと説明するのが難しんですが、このブログで何度も書いているように、より高い次元から直接光を降ろしてくれるのが、いわゆるマントラ(祈り言葉)というわけです。

もうちょっと分かりやすく言えば、この世的な波を楽しみつつも、日々の生活の中に「祈り」を加えていく、という事です(笑)

別の例えをしてみます。我(エゴ、個人的な思い)を台風に例えてみます。すると、周りに旋回(せんかい)している雲の渦こそが、思考、感情のパターンと呼ばれるものです。
そして、台風の目、0ポイント、中空(ちゅうくう)こそが、マインドフルネスで言うところの「空」です。

自分は台風の目に留まり、周りに旋回している業想念(思考、感情)を観察するのが、いわゆるヴィパッサナーです。
業想念(エゴ)は中心から外側へと旋回しながら吹き荒れ、広がり、雨や暴風を起こします。

その業想念に対して、逆旋回の光の渦巻きを生み、台風の目(中空)から更に奥へと入って行くのがお祈りのイメージです。空の奥に入っていき、そこから積極的に光を降ろす働きとも言えます。

三種の神器の考察 ~その3~


お久しぶりです!本当に、久しぶりになってすみませんでした(汗)
皆、復習はできましたか?(汗) それではいってみよう!

この数ヶ月は、
①ズーッと「ありがとうございます」を唱え続ける事と、
②「脊椎神経(背骨)に意識を向け続けること」

この二つを徹底してやってみました。

やっぱり90%以上確信できてからいろいろ書きたい、というのがあるので、更新が遅くなってしまいましたが、結構確信が持てたので、またいろいろと考察を書きたいと思います!

まず、ビパッサナー瞑想によって意識を体に向けると(ありのままに感じると)、それは、即、体のバイブレーションを上げているという事になります。 あたかも、電子レンジがマイクロ波で食べ物を照射して、分子の振動数を上げているような感じです。

体の細胞の振動数が上がるとどうなるかと言えば、過去の傷や感情は体に溜め込まれているので、過去のそういったものが出てきます。その時に、特につかまずに流してやれば、傷は浄化されるというわけです。

その時に脳幹が活性して、簡単に言えば神経エネルギーが強固で安定していると、意識が自分の中心から「感じる」にフォーカスされやすくなって、安定して解体されていくため、浄化も3倍くらい早まるわけです。これは今まで書いてきた通りです。


それでは、「祈り」とは何か?

これは、前にも述べましたように、古今東西の本当のスピリチュアルな伝統ではほとんど、マントラや祈りは使用されています。ただ、ありのままを感じるだけの瞑想とは、両軸のように常に推奨されてきたものです。

ついでに言えば、あらゆる臨床や波動測定などから、「ありがとうございます」という言葉には、高いパワーがあるようです。

近年では「空」という概念が流行っています。全ては同じ意識だよ、という事です。

それは「静止」「静寂」とも表現されています。確かに、自分の中の「静」の次元に意識を向けると、思考が止まって新しい世界が見えたりします。

しかし、話はそこでお終いではないのです。それが究極だと思ってしまうと、毎日毎日、静寂の中で座禅して終わるのが最高だと思ったりします(笑)

それはそれで、もちろん最初の段階としては素晴らしい修行ですが、ここで大切な事は
「空(くう)とは静止状態ではなく、超精妙な波動であり、それは、一瞬一瞬全ての粒子が置き換えられている次元」とだいう事です。

通常の意識状態に馴染みがある段階の人が「空」に意識を向ければ、それは「からっぽ」であったり、「静寂」なのです。

しかし、その次元にどんどん入っていけば、それは空っぽでもなんでもなく、一瞬一瞬、粒子が生成消滅されているのだ、という事が分かってきます。  それはとても細やかな波動ですので、一見すると静止と感じられる、という事です。

そこでは思考で過去を掴んで、その中に生きていないので、一瞬一瞬の情報量も無限に大きく、アクティブなのです(生きている) 

その「粒子の一瞬一瞬の生成消滅」こそがこの宇宙の本当の情報(ソース)であり、そこと一体化して生きる事が、悟りとか呼ばれているのかもしれません。
(つまり宇宙の平行量子コンピューターと意識が一致しているみたいなイメージかな?)

その宇宙の平行量子スーパーコンピューターを全ての人が内側に持っているのに、なぜか、外の情報を集めたがるものです(笑)
そしてその入り口が「体の感覚」であり、中枢が「脳幹」であり、脊椎神経系はその延長に全体(宇宙)と繋がっていると感じます。

そこは囚われはなく、そして宇宙の全てと繋がっているので、そこに意識を置いておく事がとても大切なのですが、我々は思考に囚われているから、難しくなってしまう訳ですね。

体験談 ~その2~

本当に久しぶりになってしまいましたが、以前お約束していた体験談になります。
自分の体験談が行方不明になってしまったので、探しています(汗)

終わった時は、なんとなく身体がほぐれた気分の良い感じでした。

しかし、自宅に帰ってしばらくすると元々、ノンデュアリティに興味のあった私には、とんでもない感覚が起き始めました。

なんだか、言語を持たない生き物になったような感覚!原始人ってこんな感じで生きてたのかぁ~、感覚だけを使って今を生きてるという感じ…、原始人になっちゃったような感覚!

そして、またしばらくすると、じーっと思考を観察している感覚が起きてそこからびくともしない感じ!
こんなに、思考の観察に安定感があるのは初めてでした。

現在も、思考の観察がやはりとてもしやすくなっています。
もちろん、感情も感じていますがそこから距離を取りやすくなってるのは、大きな変化です。




後日、赤ちゃんみたいで、感情も手足もバタバタ~っとそのままな感じが凄かった、とのご感想を頂きました。



〇施術後10分ぐらいで、下半身全体ににエネルギーが一気に流れ出し、身体の中心にエネルギーの柱ができる。
〇体が深い弛緩モードに入る。
〇首の後ろと頭の境目ぐらいと、前頭部のあたりに回路のようなものができて、
その辺りにエネルギーが集まってくる。
〇前頭部と首の後ろ、足全体、生殖器部分以外は、身体の感覚がほとんどなくなる。
〇足は全体的にびりびり感がずっと続いている。かなり強い感覚。とても気持ちがいい。
〇生殖器のあたりは、膣から産道~子宮にかけて周期的に(3,4分間隔に一度)セクシャルエネルギーがぐわっと押しあがる感覚がある。エネルギーだけでなく、実際にその部位がうねるような動きがある。
〇イメージ感覚としては、自分がコンピューターで、前頭葉と首の後ろ(頭の付け根)が、ハードディスク、そこでデフラグとかクリーンアップとかがずっと行われていた。
〇施術後30分ぐらい横になっていたが、その間ずっとその3点のみ(前頭部と首の後ろ、足全体、生殖器あたり)の反応がエンドレスに続いていた。もし起き上がらずに横になっていることが許されていたら、まだまだ続いていきそうだった。
〇とにかく、今までにないほど気持ちのいい状態だった。
〇今回は使わなかったけれど、この状態で、創造したい現実をイメージしたら、確実に即効現実化するような不思議な確信が生まれた。


施術後数日たっての変化
〇思考に囚われている時間が減った
〇以前だったら必ず感情的に反応していただろうシチュエーションにあっても、反応がない。絶対大丈夫だという感覚が増えた。
〇今まで以上に大きな視点、宇宙的な感覚で物事が見られるようになった。


何十回か通われていた方のものです。やはり、電磁波抜きながらやると早くて違うみたいです。


プロフィール

bsxryo

Author:bsxryo
ご訪問ありがとうございます。
東京・名古屋・大阪でBSセラピー(脳幹活性整体/
ライオンあくび健康法)を施術している零命(レイメイ)です。
日時等、お気軽にご相談ください

bsxryo@gmail.com

零名←こんなブログもやってます。

※料金表は記事にあります。


幼い頃から繊細な意識の持ち主で、16歳で意識の目覚めの体験をする。
その後、ありのままをただ観察する事(瞑想)を大原則としながら、様々なメソッドを吟味しつつ意識の探求を続ける。
鋭敏に感じ取る力、感情の解放等に精通する。

主な経験 : ブレスワーク40回程度
ビパッサナー瞑想コース 計100日間
TRE(トラウマ リリース エクササイズ)50回程度
スペースまほろば主催の瞑想会やグループセッションに50回程度参加。など
BSセラピー ベーシック&アドバンスコース修了

2013年の7月に脳幹活性整体(BSセラピー)に出会い、今までの全てのメソッドを超える精妙かつ、肉体と精神両方への根源的な効果を体感。資格取得後のべ1000人以上に施術を行う。

BSセラピーを続けた後の効果は言葉にできないものがありますので、多くの人達にこの解放感を味わってほしいと願っています!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。