スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言霊学(光透波)、統一場心理学、の次の出会い。

こんにちは!だいぶ空いてしまってすみませんでした^^;

前回、前々回と、僕自身が瞑想で観てきた事と、重なった部分を持った出会いを書いてみました。

そして、先月あたりまたとても素晴らしい出会いがあったのですが、イデアアクターズスクールという演劇指導の皆川 眞澄先生という方と、自宅で一緒にお食事をする機会がありました(^^)  皆川眞澄は、当時、NYアクターズスタジオ(ハリウッドスターの登竜門)に一発合格して正会員、ゼン・ヒラノを師とされていて、2004年、海外で主演を務めた映画では「視聴者が選んだ最優秀作品賞」を受賞されている本物の女優さんです(^^)

これもまたひょんなことでご縁があったのですが、お話をしているととてもお互いの認識が似ていて、話が弾む弾む!w
とても楽しいひとときとなりました。

皆川先生は心の統合を前提とした演劇指導をされているそうで、統一場心理学の吉家先生の推奨されている、スタニスラフスキーの演技メソッドを軸とされているそうです(シンクロですね) 統一場心理学的な概念でもとても盛り上がりました。

また、脳幹に一瞬一瞬宇宙的なエネルギーをうけて、それが神経を通して身体を生かしている、という認識を持たれているようで、
脳幹活性にもとても興味を示して下さいました!

しかも、脳幹活性では蝶形骨と呼ばれる、頭の中心にある骨をとても重要視していて、そこが身体の中で最も波動が高いらしいのですが、その事も理解されていて、スクールのロゴを蝶形骨から取って蝶のシンボルにする予定だと仰っていました。

すごいシンクロですよね!※ブログの記事にて紹介して下さいました。

演技、心理学、瞑想、言霊・・・ どの分野から入っていっても真理は一つであり、認識は統合されてくるようです。

心の統合を前提としたハイクオリティな演劇指導を受けられたい方は、大阪のイデアアクターズスクールまで、どうぞ!
スポンサーサイト

先端言霊学と統一場心理学 「 死ぬ 」 

前回の続きです。

最近もう一つ、「統一場心理学」というものに出会いました。

心や物理や科学を統合的に扱ったものらしく、とあるきっかけでこの間提唱者の吉家先生とお話させて頂いたのですが、天才肌の方という感じでした。

この心理学を聞いて思い出したのは、ケン・ウィルバーと言う西洋の天才心理学者(and 物理学者、生化学者、数学者)の事です。

大学受験の時に初めて一人で行った東京で、帰りに巨大な本屋に足を運んで買ったのを覚えています。
当時はamazonもマイナーで、こういった関連の本も今ほどは書店には置かれていませんでした。

その「無境界」という本は、心理探究を始めた当時の自分とって非常に衝撃的なもので、今でも名書だと思います。(なぜか、家に三冊もあります(笑)

簡単に言えば、心の投影のしくみを書いた本で、どのように心が分離し感情を抑圧するのか?そしてどのように、統合するか?が理路整然と書かれた本で、今でも残る名著です。

それ以降、いろいろな心理学の本をちらっと見てはきたのですが、なぜかそれほど興味が沸かずに、結局きちんと学んだ心理学はケンウィルバーだけに終わっていました。

というわけで、今回約10年以上ぶりに、この「統一場心理学」に惹かれたのですが、学ぼうと思った理由は様々あるのですが、理論が統合的・包括的で良かったことや、自分自身がもう一度、投影と統合の仕組みを別の角度からきちんと学びなおしたいと思った事や、創設者の吉家先生の意識状態に説得性を感じた事、そして人に何かを説明する時の言語を手に入れようと思ったことなどがあります。(ストレートに伝えても拒絶反応を起こしてしまうことも多いので)

こちらの記事の最後の方にも書きましたが、この投影を応用した心理学については宍倉が専門としてカウンセリング等を行っています。しかし、まず抑圧された人格を統合するためには無意識へのアプローチが必要であり、多くの人はその通路がまだあまり確立されていない状態だという事で

今まで書いてきた通り、無自覚の潜在意識にアプローチする基礎体力(神経回路?)は脳幹活性と体の感覚がベースとなるので、やはり脳幹活性をしてからカウンセリングをするとすんなりと無意識に入ってくれて、非常にやりやすいとの事です。

また、統一場心理学の本には「意識とは、ある条件下で物質が量子状態の時には、普遍的に発生するものであり、オカルトや超常現象ではなく、単なる自然現象。 そのようなマクロな量子場が肉体神経系を通して五感と結びついている時に、人としての実体験が起こるのであり、様々な状況証拠から考えて、そのような量子状態は、脳~中枢神経のある部位に発生する」 とあります。(元々、研究者で脳科学者の方です)

これはよく私が、「脊椎を意識しながらヴィパッサナーすると良い」とか、もう少し簡単な表現では「脊椎呼吸が最も手軽で効果がある瞑想」と言っている根拠とも考えられるのですが、


要するにこれは、脊椎に発生する物質の量子状態(=光)を、体全体や、硬直した感情の暗雲地帯にまで広げていく(浸透させていく)、という感覚になります。  参考


そして最近、私の周りで身内の葬儀なども含めて「死」というものがよく身近に感じられる事が多いのですが(別に、自分がもうすぐ死にそうとかではないのですが笑)、最後にこの統一場心理学の吉家先生の著書、「死ぬ」という本をご紹介して終わりたいと思います。

統一場心理学から推察される人間が死んでゆく過程を詳しく書いたものです、という事ですが、死ぬ寸前の脳幹だけが機能しているシーンの描写などは、まさに脳幹活性+ヴィパッサナーを深く行じているときの状態・内的な景色と似ています。とてもおもしろくて、いい本でした。

肉体が死ぬ前に死ぬことが生きている目的だ、とはよく言われますが、まさにそうなのでしょうね。

本当は、今回の後編でこのシリーズは終わりのはずだったのですが、あともう一つ、最近おもしろい出会いがあったので、もう一回続きます^ ^

先端言霊学と統一場心理学 ①

最近、ある先端言霊学をされている方とお話をしてきたのですが、とてもおもしろい発見があったのでシェアをしようと思います。

言霊を解析することで色んな真理が分かってくるらしいのですが、その認識が今まで自分が瞑想探求してきた結果ととてもよく似ていたのです。

その学問によれば、脳幹(松果体)は「秘田(ヒデン)」であり、根源の命波動を、一瞬・一瞬受けていて(言霊の波動もそこで受けている)


その「命波」が脳幹中枢系から、神経を通って全身に流れることによって五感が発生し、この肉体が生かされている、という事です。

そして脳幹に受けたエネルギーは丹田に流れ込み、「2のエネルギー」として肉体を動かす源である、とか、
そういった事も言霊の解析によって分かっているようです。

そして、神意識(宇宙意識)というものは無限のスピードであって、一瞬、一瞬受けなおしている命波であるという認識も一致していました。

「思いは光より早く~♪」なんていう歌詞もよくありますが(ないっけ?(笑)、もし、この物質次元での最高速度が「光」だとして、それ以上のスピードになれば「思い」とか、更にスピードが早ければ「宇宙意識」と呼ばれて無限速だと仮定すれば、

よく、覚醒者が「宇宙と一体になる」等、言っている意味も分かります。
意識の速度が無限大なので、それはこの宇宙全体と、一瞬一瞬、一つと感じられるはずだからです。

また、私が意識と体の接点としての神経系を重視しているのも、神経が電気である事をを考えれば、物質と霊質(?)の中間接点としての自律神経系の役割が、より理解されやすいのではないでしょうか?

これもまた、よく言っている、「生体電磁フィールド 参考2」もこの言霊学で非常に重視されていて、このあたりも、とてもしっくりとくる解説でした。
瞑想を通して得られてきた真理と、言霊を研究した結果が一致するとは、結構ビックリしましたが。。

最近、電磁波講習会を行っているのも、健康のためのみならずこうした事情があるからで、生体電磁フィールドが乱されていると、心理的な探求も遅くなる事がはっきりとしてきたからです。

また、エネルギーにも求心系(凝固・遅い・有形化)と遠心系(解放・早い・無形化)と呼ばれる2種類があり、
これは以前にも書いた、意識のサイクルの違いと非常に似ていると感じました。

また、その言霊学を実践されている治療院では

このような記事(一休さんと脳幹活性)が書かれていました。(蝶けい骨は、脳幹活性のときに一番メインとなって動かして緩ませる骨です。)

また、このような文章も。

癌だけでなくあらゆる病気は自律神経の緊張=生命力の低下であるが
命の情報が封印された現象と言える。
自律神経の中枢・生命電磁場がある脳に緊張圧迫があれば
自然治癒力は発揮されにくいが
首を緩めることで脳の血流アップで脳力が上がり
自然治癒力が上がる事になる。

※個人的には、これらの事はやはり、首の更に奥にある脳幹を活性する事になると思っています。

そして電磁波講習会などでは説明しているのですが、マイナスイオンはよく似非科学扱いされているのですが、
それは本物の、しかも結構重要なものだと、今までの経験上考えています。
自然の中に行くと良いのは、やはりマイナスイオンが大きく関係しています。
それに関しても記述がありました。
                 
緊張原因の大元は、自己否定によるプラス帯電。
「ソウカソウカ、無理なかった」と、今までの人生の行程を肯定するエネルギーで
過去の闇は溶解し、緩み、マイナス電荷となる。=マイナスイオンの自家発電


とあります。
もうお分かりの方もおられるかもしれませんが、
恐らく脳幹活性とは、強力なマイナスイオンの自家発電なのです。
こちらの記事の最後の部分も参考にして下さい。

(もう一つの最近の出会い、統一場心理学については、長くなったので次回に書きます^^)

引き続き~体験談~


4月18日(火)10:30~ 電磁波カット講習会
ご予約、お問い合わせはbsxryo@gmail.comまで

引き続き、体験談になります。
最近、ちょくちょくと「BS+体感瞑想」の効果を送って頂けることがあり 、短文であっても
微力ながら真の幸せに繋がる情報を受け取って頂けることをたいへん、うれしく思っています。



定期的なBSセラピー、毎日のあくび体操と、「呼吸を感じる瞑想」も併せて取り組み始めてから・・・

身体の感覚が「現実」「今」起こっている事
思考で浮かんでいることは「過去」「未来」というイメージの中でしか起こっておらず、「現実」ではないという事

が「わかった」という感覚がありました。
今までも、本などで読んだ文章で、言葉・知識として、このことを知ってはいましたが、「本当にそうだ!」と「わかった」のは、やはり瞑想で「身体の感覚に意識を向ける」ことを実際にやってみたからだと思います。

そのとき、自分に起こった嫌な気持ちを呼吸瞑想で感じたのですが、身体は嫌な感情や、どきどき、もやもやした感覚を感じている・・・これが「現実」「今」起こっている事で、

思考で「この感情の理由はあの出来事のせいだ、次にまた同じことが起こったらきっとまた同じ気持ちになるに違いない、嫌だなあ、だからこうしようああしよう・・・・」とぐるぐる考えていることが、全部、「過去」「未来」のイメージでしかないということに、はっと気づきました。

身体と思考が分離していることを「見た」「体験した」という感じがして、知識で知っているということと、「わかった」とではこんな感覚の差があるんだなと感じる事が出来ました。

そのとき、、、ふと、
「身体は〇〇を求めていない」という言葉が浮かんできました。

将来が不安→身体はハラハラする感覚→思考は「じゃあ転職したら、何かの資格を取ればこの不快感を解消できるに違いない・・・」

→でも、「身体は転職も資格も求めていない」

いかに自分が思考という、ある意味「夢」の中のことにエネルギーを費やして生きているのかがわかるようになってきました。


この「身体はそれを求めていない」という言葉は、「身体は今に生きていて、思考は過去か未来にしか生きていない」ということを、私にとてもよく気付かせてくれるので、それ以来よく使っています。

不快な感情・身体の感覚が起こり、思考がその理由を探し出したり解決方法を探し出したりと瞬時に活動し始めるのですが、呼吸瞑想をして、「身体はそれを求めていない」と言うと、落ち着いて感情に向き合えるようになります。

落ち着くというのは、私の感覚だと、思考が騒いでいて重心が頭にあるような物理的に不安定な感覚から、「身体はそれを求めていない」で、思考の活動が収まって、呼吸を感じることで意識が身体に向き、重心が下腹部に下りて身体が物理的に安定するような感じです。注:これは脳幹活性した時に起こる気の流れと全く同じです。

今までは、不快な感情・身体の感覚を解消するために、「発想の転換」や「行動をする」ことに頼っていたのですが、それはあくまで表面上というか、時間や思考という幻想の中での行動で、根本的な変容(恐れの解放など)にまでは、それだけでは到達しにくいのだとわかりました。

個人的に解決したいことがあり、それに取り組んでいるところなのですが、「発想の転換」「行動を矯正する」ことに頼っていたのをBSセラピーと瞑想という根本的な部分に作用する方法に比重を移して、これからも人生を続けていきます。

東京施術会のお知らせ。

東京出張 4/16(日) 4/17(月) 場所:代官山 リアラメゾン   料金:4000円となります。
4月18日(火)10:30~ 電磁波カット講習会

ご予約、お問い合わせはbsxryo@gmail.comまで

一回目受けている時から肩甲骨のまわりの筋肉が反応して、キューっと収縮していました。

その時はそれくらいでしたが、家へ帰って夜一旦就寝したのですが4時半頃に目が覚めて、なんか体が気持ち悪いなと。
それで、体を伸ばしたくなって、肩や背中がゴリゴリいう感じで動かした後、また眠気がしてそのまま寝てしまいました。

朝起きたらびっくりするほど体が軽くなっていました。

肩の凝り、そして20年以上ほぐれなかった前腕の凝りが見事にほぐれていました。
ここはマッサージしてもあくる日には固まるくらい、どうしようもなかったところです。

内側からほぐれるのがどんな感じなのか、体感できました。

その日ピアノを弾いたのですが、あまりの軽さに指が回りすぎてコントロールが効かないほどでした!笑

2回目の施術のあと、マッサージでなかなか治らなかった左の太ももの裏の痛みが和らぎました。

今も体全体が軽いままです。

これからもBSセラピーを続けていきたいです。



電磁波が多いとクラクラしてしまうという程敏感なMさん。
「内側からチューブが通るみたいで、勝手に体が動いて、内側から矯正されている感じがしました」
と仰っていました。 

その後に頂いたご感想部分↓
自分であくび体操をすると、やはり体が反応して寝入りばななどにムズムズ気持ち悪い感じがします。
で、しばらく体を動かしていると落ち着いて眠れます。
その反応も最初の頃よりはやわらいできましたので、ほぼ毎日体操を続けております。
今日は買い物をしていて買い物カゴを下げていても、以前より重たく感じません。特別筋トレをしていませんが、筋力もついてきたようです。
そして、歩いていても体が軽く感じます。
何もかもいいことづくめです。
そして、これはミネラルを飲んでいるせいでしょうか、以前より色々なものを食べたくなくなりました。
シンプルな食事になりましたが、体は元気になっていってます。


もう一つのブログも更新中!

ありがとうございます。
プロフィール

bsxryo

Author:bsxryo
ご訪問ありがとうございます。
東京・名古屋・大阪でBSセラピー(脳幹活性整体/
ライオンあくび健康法)を施術している零命(レイメイ)です。
日時等、お気軽にご相談ください

bsxryo@gmail.com

零名←こんなブログもやってます。

※料金表は記事にあります。


幼い頃から繊細な意識の持ち主で、16歳で意識の目覚めの体験をする。
その後、ありのままをただ観察する事(瞑想)を大原則としながら、様々なメソッドを吟味しつつ意識の探求を続ける。
鋭敏に感じ取る力、感情の解放等に精通する。

主な経験 : ブレスワーク40回程度
ビパッサナー瞑想コース 計100日間
TRE(トラウマ リリース エクササイズ)50回程度
スペースまほろば主催の瞑想会やグループセッションに50回程度参加。など
BSセラピー ベーシック&アドバンスコース修了

2013年の7月に脳幹活性整体(BSセラピー)に出会い、今までの全てのメソッドを超える精妙かつ、肉体と精神両方への根源的な効果を体感。資格取得後のべ1000人以上に施術を行う。

BSセラピーを続けた後の効果は言葉にできないものがありますので、多くの人達にこの解放感を味わってほしいと願っています!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。