FC2ブログ

水と脂と膜

これまでのところで、水と、脂(油脂)と、複合ミネラルが、健康にとってのベースである事を書いてきました。

もう少し、掘り下げてみます。

水と油脂は「水と油」と形容される程、相反する性質を持った生命にとって基本的なエレメント(要素)なわけですが、「水」は身体の70%を占めているので、重要な事はすぐに分かるかと思います。

一方、体内で細胞膜などを構成している「脂」は、「親水基と疎水基」と呼ばれる2つの部分を持っていて、その一方は水と仲良し(親水性)で、もう一方は脂と仲良し(疎水性)という性質があるわけです。

だから石鹸で手を洗うと、手についた脂とせっけん油脂の疎水基同士が結び付き、もう片側の親水基が水に溶解するので、水と一緒に手の汚れ(油)が落ちるわけですが、

体内の70%を占める水と、その「水」とこのように独特な(親水基と疎水基の両極)関わり方を持つ脂の性質を考えただけでも、それらの相互作用によって体の機能があるんじゃないかなと思えますよね。
(脳の水以外のうちの60パーセントは脂で出来ていると言われていますし・・・)

特に生命の基本単位である細胞の「細胞膜」はリン脂質といって、先ほど書いた親水基と疎水基を持つ脂の二重構造膜で出来ています。

そして実は「水」にもその細胞膜に張り付いた「層」と呼ばれる状態があって、それは「EZwater」「水の第四の相」と呼ばれているのですが、それは生命にとって非常に重要な水の構造であり、細胞膜のまわりの水はそのような状態だそうです。

細胞膜(脂)の親水基と、EZwaterがピッタリくっついているわけですね。

この生命の水膜である「EZwater」はH3O2が秩序正しい形になっているマイナス電荷の層で、細胞内のマイナスの電位を保持しているそうです。細胞が病的になると、このマイナス電荷が少なくなるそうです。マイナス電荷には何かあるなぁ、と感じてはいたのですが、こういう原理があったのですね。

この水層(EZwater)はコンピューターのメモリのように情報を蓄積、伝達する能力を持っていて、さらには「光」を生命エネルギーとして蓄積するため電池のような役割をしている、、そうです。なんか凄いですよね(笑)

上の「思いは光より早く~♪」だとか、こちらのトージョン・フィールドとかを組み合わせていくと、結局光(意識)がO-H水のEZゾーンで翻訳されて、時空を超えた情報のようなものからこの肉体を構成するための生体電磁フィールドを構成して、C-H油脂膜と連携を取って肉体作ってるんじゃないの?みたいな感じで、三種の神器原理ともしっかり結びついてくるわけですが、長くなるので次回以降にしたいと思います。

で、私はこの「膜」という概念こそが、生命にとって最も根本的な部分なんじゃないかと思っています。

先ほど挙げた「細胞膜」は脂の膜であって、外と様々な物質や溶液のやり取りをしてその細胞を生かしている事は常識ですし、水の第四の層である「EZwater」はその細胞膜と隣り合わせに張り付いて、様々な情報を受け取り、伝達しているわけですから。 

まさに水と脂の見事な連係プレイ(笑)

牛乳とか、油の入った溶液とか見てると勝手に表面に膜が出来てたりしますが、あの現象もなんだか不思議だなぁ、と思いますよね。油脂膜と水の相互作用というものは、生命誕生の一つの原理なのかもしれません。

それぞれとの「境界線」であると同時に、他の環境との情報やエネルギーや養分の交換を常に行っている「膜」は
まさに生命という概念の基本形なのではないでしょうか?

また長くなってしまいましたので、続きます。
スポンサーサイト

ミネラル ~ハナちゃんの奇跡~

さて、前回は「油」のご紹介になりましたが、今回は「ミネラル」のご紹介です。

こちらの「希望の命水」

和歌山県の地下に眠る鉱石を、植物の根が酸で岩場を溶かしてミネラルを吸う、という原理と同じように酸で抽出したもの。BSセラピーの駒川耕司先生が世界の150種類くらい(?)のミネラルを取り寄せて臨床実験をしたところ、この複合ミネラルにかなうものが無かったそうです。

その数年前から複数の霊能者の知り合いからの勧めで、海外の「cell food」という、これまた複合ミネラルの商品を使ったりしていたので(なんか、光って見えるそうです・・・)、さっそく試してみる事にしました。

cell food もそうなのですが、ガンが治ったりという体験談をよく聞いていて、この複合ミネラル(希望の命水)も、そんな話はよくあるようでした。しかしそういった事を個人的に目の当たりにした事は無かったのですが・・(周りにいなかったので) なんとこれで、目撃してしまいました(笑)

人ではなく、愛犬の「ハナちゃん(当時15歳の柴犬)」に起こった事だったのですが、ガンと診断された時はすでに遅く、手術はしたものの急速に病状が悪化していきました。 そして、歩くことができなくなり、固形物が食べられなくなって、ついに、呼吸が「ハァ、ハァ・・」と早くなって、それを見た父親(医者)が「今晩か明日の早朝が山場だ」と言って、家族の全員が最後のお別れを覚悟した時でした。

なんとその時に、私はハナちゃんに、この「希望の命水」を飲ませる事を思いついたのです(えぇっ!?)
今思えば、色々な話を聞いておきながら、なぜその時まで思いもつかなかったのかよく分からないのですが・・・悔しいですが、土壇場になって藁にも縋る思いになって、ようやくその事を思いついたのでした。

で、とりあえずダメ元で、ほとんど動かなくなっている口にこの「希望の命水」を水に混ぜで流し込んだら、かろうじて舌で舐めるのが確認できました。

すると、、、奇跡が起きたのです! 上がり続けていた呼吸が徐々に落ち着き、翌朝には少し元気になったように見えました。水もまだ飲み始め、3日後には固形物も食べて、1週間後には自ら立ち上がって、玄関の前で散歩に行きたいアピール!!!

これには家族全員、そしてかかりつけの獣医さんも「奇跡」だと言いました。

結局、ガンで既にぼこぼこになっていたハナちゃんが完全に回復する事はなく、老犬というのもあり、三か月後に私が久しぶりに実家に帰ってきた翌朝に旅立ったのです。

もっと早くから飲ませていたら・・もっと早く気付いていたら・・、と後悔は尽きませんが、これも必要なので見せられたのかもしれない、と思っています。

個人的な体験をつらつらと書いてしまいましたが、このミネラルを開発された川田薫先生は、世界で初めて実験系の中で無機物と水から生命を誕生させたり、水の瞬間の顕微鏡写真を撮ることに成功した天才科学者で、ミネラルと水の関係についてずっと研究をされていたからこそ、こういった商品が出来たのだと思います。

私はこのミネラルとBSセラピーで全身の神経系統の通電を良くしてから(?)瞑想が倍以上、進むようになったので、脳幹活性セラピストになったという経緯があります。

アマゾン等でも買えますが、定期購入にすると1割引きで、必要の無い時は止められます(入会金や契約期間も特に無いです) 7月までキャンペーン中で、最初の一本目が無料になるみたいです。(詳しくはbsxryo@gmail.comまでお問い合わせください)

二回ノーベル賞を受賞したアインシュタインに次ぐと言われる程の天才科学者「ライナス▪ポーリング」が「全ての疾患の元を辿るとミネラル欠乏に辿り着く」という有名な言葉を残したそうですが、

その事がアメリカで知れ渡った頃からアメリカのガンの発生率は年々減少、かたや日本はいまだに上昇し続けているそうです。アメリカがサプリ大国なのはこの事も多少、関係しているのかもしれません。

また、長くなってしまいました。残りは次回に続きます。
プロフィール

bsxryo

Author:bsxryo
ご訪問ありがとうございます。
名古屋・大阪で脳幹活性整体を施術している零命(高木 亮)です。
日時等、お気軽にご相談ください

bsxryo@gmail.com

零名←こんなブログもやってます。

※料金表は記事にあります。


幼い頃から繊細な意識の持ち主で、16歳で意識の目覚めの体験をする。
その後、ありのままをただ観察する事(瞑想)を大原則としながら、様々なメソッドを吟味しつつ意識の探求を続ける。
鋭敏に感じ取る力、感情の解放等に精通する。

主な経験 : ブレスワーク40回程度
ビパッサナー瞑想コース 計100日間
TRE(トラウマ リリース エクササイズ)50回程度
スペースまほろば主催の瞑想会やグループセッションに50回程度参加。など
BSセラピー ベーシック&アドバンスコース修了

2013年の7月に脳幹活性整体(BSセラピー)に出会い、今までの全てのメソッドを超える精妙かつ、肉体と精神両方への根源的な効果を体感。資格取得後のべ1000人以上に施術を行う。

BSセラピーを続けた後の効果は言葉にできないものがありますので、多くの人達にこの解放感を味わってほしいと願っています!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR