BSセラピー考察①

BSセラピーは本当に多岐な、様々な事に効果があると感じています。


例えば、内側のエネルギーがスムーズに流れる事により、より大きな流れと自然に一体化しやすくなり、運気が上昇する
(うさんくさいかもしれませんが、他に表現しようがないので笑)
事は大きな効果の一つだと思います。

その他、人間関係や芸術(創造)活動がより良くなったり、一般生活でも肉体的・精神的にバイタリティーが出てくる事は強く感じています。この事は僕だけではなく、BSセラピーを続けている多くの人が実感している事のようです。


ただ精神的には安定しますが、潜在意識化に溜め込まれた感情の解放はBSセラピーだけではなかなか難しいと感じます。

感情は、抑圧や過剰な表現をしても消える事はありません。
その感情に気付き、しっかりと観察する、感じ切る(それが瞑想です)まではずるずると潜在意識化に居残り続けます。

しかし、この感情を「感じる」時に大きな障害となるのが思考の過多なのです。現代人は特に、思考に囚われています。

見ているようで、見ていません。感じているようで、感じていません。
ただ考え続けているだけです。

その思考の暴走を抑えるのがこのBSセラピーでもあります。
それにより感情を受け入れやすくなります。感情に対するキャパシティーが増えるのです。

思考は大脳辺縁系と呼ばれる脳の外側で行われますが、
そこに過剰に偏ったエネルギーを脳の中心部である脳幹(=生命中枢)に取り戻すのです。

動物には大脳辺縁系が無いので、未来の心配(思考)や過去にあったの事をくよくよ後悔し続けて疲弊する事はあまりありませんよね。

よくちょっとバカにしたみたいに
「犬(猫)は幸せでいいね~」と言ったりしますが、それこそが深い意味で幸せの源泉でもあるわけです。彼らは今に生きているのです。

まだ見ぬ未来や、終わった事を永遠に考え続けて、今に生きる事をおろそかにしません。

そしてその仏教で言う「無」の意識こそ、感情を観察する時に最も大切なものです。
正確には、思考がありながらも無の状態であることはできますが、あまり込み入りすぎても話が長くなるのでまたの機会に。

つまりBSセラピ-によって気付きの意識は深まり、起こる感情を受け止めるキャパシティは大きくなりますが、実際に感情を感じ、統合するのは自分の仕事なのです。自分で瞑想して、感情を感じ切るしかありません。

言い換えれば、BSセラピーによってパソコンのメモリーは増設されOSもバージョンアップされるけども、
実際にどのプログラムを削除してどのようなプログラムをインストールするかはあなた次第という側面もあるのです。

まぁ、何から何まで自動的にしてもらうよりも、選択の自由が残されていた方がいいしね。

それでも、BSセラピーが意識の深化に貢献する強力な基盤を与えてくれる事に違いはありません。
続ける事によって精神にも肉体にも大きなプラスを与えてくれる素晴らしいツールです。

「ライオンあくび健康法は、健康分野だけでなく、精神的な分野
スポーツや芸術、そして人間関係の円滑化においても、とにかく人間のする
あらゆる分野に影響を及ぼします。脳幹の働きを高めるという事は
生きていく上で、一番のベースになる事だと確信しています。
医療費、介護費が増加の一途をたどっておりますが、
「脳幹活性」という一分野が確立でき、世の中の社会貢献
の一助となる事を目指しております」
 駒川 耕司
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bsxryo

Author:bsxryo
ご訪問ありがとうございます。
東京・名古屋・大阪でBSセラピー(脳幹活性整体/
ライオンあくび健康法)を施術している零命(レイメイ)です。
日時等、お気軽にご相談ください

bsxryo@gmail.com

零名←こんなブログもやってます。

※料金表は記事にあります。


幼い頃から繊細な意識の持ち主で、16歳で意識の目覚めの体験をする。
その後、ありのままをただ観察する事(瞑想)を大原則としながら、様々なメソッドを吟味しつつ意識の探求を続ける。
鋭敏に感じ取る力、感情の解放等に精通する。

主な経験 : ブレスワーク40回程度
ビパッサナー瞑想コース 計100日間
TRE(トラウマ リリース エクササイズ)50回程度
スペースまほろば主催の瞑想会やグループセッションに50回程度参加。など
BSセラピー ベーシック&アドバンスコース修了

2013年の7月に脳幹活性整体(BSセラピー)に出会い、今までの全てのメソッドを超える精妙かつ、肉体と精神両方への根源的な効果を体感。資格取得後のべ1000人以上に施術を行う。

BSセラピーを続けた後の効果は言葉にできないものがありますので、多くの人達にこの解放感を味わってほしいと願っています!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR